iphoneの色々なバックアップ方法

asaba 著者:asaba

iphoneの色々なバックアップ方法

iphoneは様々なバックアップ方法があります。

例えば、icloudは、ネット上にデータを保存してpcやipadでも共有することができます。

新しくiphoneを買い替えても、ネット上に保存したデータがあれば前のiphoneと何の代わりもなく使うことができます。

pcを持っていない方はこの方法でデータをバックアップするのですが、5GBと少なく、写真や音楽をたくさん持っている方には不向きかもしれません。

 

筆者は、旅行や音楽鑑賞など趣味の関係で写真や曲を都度都度増やしているので、itunesで大量にバックアップしています。

無料でデータを多めに保存できるので、pcを持っている人は大体これなのかな?と思います。

欠点といえば写真や連絡先が見れない位です・・・。

 

このままでも十分な働きなのですが、個人的に将来pcを買い替えるときに備えてAnyTransを購入しようかなと考えています。

itunesは自身にバックアップされている状態の主体に書き換えるので、iphoneにのみ存在するデータを持ったままitunesで同期してしまうと、そのデータも上書きされてしまい消えてしまうからです。

このAnyTransは

・iphoneからpcへデータの転送ができる

・バックアップのサポート範囲がすごく広い(アプリやアマゾンの購入履歴、メッセージやsnsアカウントなど)

・pcから簡単に操作でき、UIが分かりやすい

・同期時間が早い(100曲を60秒以内で転送完了)

itunesにはない機能も備えており、有料ですがそれに見合った働きをしてくれるのは間違いなさそうですね。

個人用ライセンスでも3999円と割とリーズナブルなのは嬉しいです。

pcが古いと同期中に稀に固まるなど欠点があるみたいですがそれに目を瞑ればとても融通が利く子なので

itunesからAnytansに移行した人も多いのでは?と感じます^^

 

p.s.筆者は性格上ファイル管理がとてつもなく雑なので、かっこよくスマートに整理できるようになりたいです

  • この記事いいね! (1)

著者について

asaba

asaba author

helloWorld!!!!