浜松のWEBシステム開発・スマートフォンアプリ開発・RTK-GNSS関連の開発はお任せください
株式会社シーポイントラボ
TEL:053-543-9889
営業時間:9:00~18:00(月〜金)
住所:静岡県浜松市中区富塚町1933-1 佐鳴湖パークタウンサウス2F

雨雲の行方と降水量を視覚的に見ることが出来るアプリ【アメミル】

季節の変わり目は、ゲリラ豪雨や台風が発生しやすくなります。

夏休みに遠出したものの突然の雨で計画は台無しに・・・といったかたも多いのではないでしょうか。

自分はその失敗を活かして「アメミル」というアプリを使って晴れの日に合わせてスケジュールを調整しています。

この「アメミル」は、日本全国の降水情報をレーダーで見ることができ、さらに更新すればいつでもお天気の最新情報を手に入れることができます。

上の例ですが、赤くなるほど降水量が多く、集中的に降っている地域になります。静岡県では、遠州北部にやや激しい雨が降っているのが分かります。

appStoreに機能の詳細が列挙して書いてありますが、ここでは自分がこれ良いなって感じた機能を紹介しますね。

例えば、よく前方を見渡すと曇り空が広がっていますが、アメミルに内蔵している3D機能を使えばどの範囲まで雨が降っているかを視覚的に見ることが出来ます。もし、雨雲が広がっている方向に出かけたいと思ったときにこれで確認すれば、やむタイミングに合わせてスケジュールを無理なく組みなおすことができます。無謀にも突っ込んでびしょ濡れって事態を回避できるようになるのです!

他にも、雨雲の進路や気温の変化を、気象予報士から学習したAIが予測して伝えてくれる機能も備わっています。

無料でも多くの機能を使うことが出来ますが、有料にすると一時間以内の降水予測とGPS追従を使うことが出来るので、心配かつお金に余裕のある方はつけてみてもいいかもしれません。

8月などの季節の変わり目は特にゲリラ豪雨が多発するので、キャンプなどの屋外で遊ぶ計画のあるかたは持っているとかなり安心できるのではと思います。

 

  • この記事いいね! (1)