空中写真とオルソ画像

著者:杉浦

空中写真とオルソ画像

 地図は全ての地点において真上から見たような視点で地形が描かれます。しかし空中からの写真撮影はそうはいきません。撮影を行った一点から放射上に広がり、遠くのものほど傾いて映ります。この傾いた写真を空中写真、地図の様に傾きを直した写真をオルソ画像と呼びます。下の図はオルソ画像について|国土地理院から引用した図です。
 
 図の様に写真の端を中央に寄せて真上から見たときと同じ大きさに収めるわけです。ただの圧縮なので傾きによって映った側面の部分は画像に残ったままです。この手法によって写真が整形されているからこそ、下図の様な地図を重ね合わせを少ない違和感で実現できています。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator