【Excel】VLOOKUP関数で一致した複数の項目を抽出する方法

村上 著者:村上

【Excel】VLOOKUP関数で一致した複数の項目を抽出する方法

これやり方がわからなくて悩んでいましたが、Qiitaにまとめられていました!
投稿者さん、ありがとうございました!

参考にさせていただいた記事はこちらから。

検索値が複数該当する時に2つ目以降の数値をVLOOKUP関数で抽出する – Qiita
https://qiita.com/AquaMeria/items/a4ffeff03b81e7d03abb

 

早速ですが、使用する関数はこちら。

=IFERROR(VLOOKUP([検索値],INDEX([参照元データの検索範囲],MATCH([検索値],[元値の検索範囲],0)+1):[参照元データの2列目最末行],2,false),"")

具体的な使い方は、下のスクリーンショットのとおりです。

例としてC3のセルの関数をあげると、下記のように記述しています。

=IFERROR(VLOOKUP($A3,INDEX($H$2:$H$10,MATCH($A3,$H$2:$H$10,0)+C$1):$I$10,2,FALSE),"")

少しアレンジしたところもありまずが、ほぼ記事のとおりです。
…が、なぜか各項目で最後のデータが重複して表示されてしまいました…。
まあ、こちらは消せば済む話なので、集計後の確認をきちんと行えば対処できると思います!

 

ということで、以上、VLOOKUP関数で複数の値を抽出する方法でした。
VLOOKUP関数は便利なのですが、1件のみしかデータが取得できず…その点は不便だと思っていたので、解決策が見つかって嬉しいですね。
同じことでお悩みの方がいらっしゃいましたら是非、参考にしてみてください。

  • この記事いいね! (1)

著者について

村上

村上 administrator