Google Chrome Ver.68がついにリリース。非SSLサイトにすべて”保護されていません”メッセージが表示されるように

takahashi 著者:takahashi

Google Chrome Ver.68がついにリリース。非SSLサイトにすべて”保護されていません”メッセージが表示されるように

ついに来てしまいました…

「Google Chrome 68」公開、HTTPサイトには容赦なく警告を表示する仕様に – INTERNET Watch

以前から予告されていたGoogle Chromeで非SSLサイトに接続した際に”保護されていません”メッセージが、先日リリースされたChrome Ver.68からついに表示されるようになりました。

いままでは非SSLサイトにアクセスした際はiアイコンが表示され、フォームなどに何か文字を入力したときだけ”保護されていません”と表示されるだけでしたが、今後はすべての非SSLサイトには”保護されていません”と表示されるようになります。

もっとも、事情を知っている人にとってはメッセージが変わってもさほど行動が今までと変わることはないように思えますが、インターネット業界の事情にあまり詳しくないユーザーが見たら驚いてアクセスしなくなってしまう可能性は十分に考えられます。

自分でサイトを運営している場合は、Let’s Encryptを利用することで、無料のSSL証明書の取得も可能となっています。

まだ対策されていない方はお早めに…

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。