FuelPHP初期設定時に”It is not safe to rely on the system’s timezone settings.”エラーが出た時の対処法

takahashi 著者:takahashi

FuelPHP初期設定時に”It is not safe to rely on the system’s timezone settings.”エラーが出た時の対処法

先日、自分用にFuelPHPのテスト環境を作成していた時のこと。
ファイルやウェブサーバー周りの設定が終わって、テストでFuelPHPを動作させたところ…

Fuel\Core\PhpErrorException [ Error ]:
date_default_timezone_get(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone.

初めて見るエラー(汗
前回別の環境でセットアップした時はこんなエラーは出たことがなく、原因がわからなかったのでちょっと焦りました。

困っていろいろ調べていたら、こちらのサイトを発見。

[PHP]php.iniのtimezoneを設定する – Qiita

どうやら、PHP自身にデフォルトタイムゾーンを指定しないとダメ見たいです。

今回はCentOS7を使っていたので、php.iniは
/etc/php.ini
にありました。

php.ini内の

[date]セクションの部分に、赤枠のように記入します。

date.timezone = "Asia/Tokyo"

これでphp.iniを保存し、Apacheを再起動。

再度実行してみると

無事スタートページが表示されました。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。