CSSの適用優先度

著者:杉浦

CSSの適用優先度

 CSSはHTMLに装飾を付ける仕組みで、主にその詳細度から適用の優先順位が決まります。要素名、クラス、ID、HTML中の直書きと適用される範囲が狭く詳細になるほど優先されます。定義はSelectors Level 3でされていますが、ご存知、ないのですか?CSSの優先順位の説明が大変分かりやすかったです。
 次の図は”ご存知、ないのですか?CSSの優先順位”からの引用です。


 図の様に指定方法の種類別総和が優先度になっています。この優先度の特徴として、IDの様なより詳細な種類の指定方法が用いられていた場合、どれだけクラスの様なより詳細でない種類の指定方法を重ね掛けても優先度で上回れないという点があります。優先度が同値の場合、後から読み込まれた方が優先されます。
 生のCSSではこの優先度を表記してくれません。人間がこの優先度を理解しながらCSSを読み解くのは難しいです。Specificity Calculatorは優先度計算ページです。下図の様に、CSSコードを書きこめば優先度を出力してくれます。計算機を増やしたいならば、Duplicateボタンで複製しましょう。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator