【PHP】文字列の置換を行うstr_replace()、preg_replace()の違い

村上 著者:村上

【PHP】文字列の置換を行うstr_replace()、preg_replace()の違い

今回はPHPで文字列を置換する方法について。
が、文字列の置換でも、関数は2種類あるので、その違いについて。
どちらかというと、自分のためのまとめですね。

置換を扱う関数は、str_replace()preg_replace() があります。
PHPマニュアルは下記からご確認ください。

str_replace():http://php.net/manual/ja/function.str-replace.php
preg_replace():http://php.net/manual/ja/function.preg-replace.php

 

使い方は下記のとおりです。

$text = "ABCDEF";  // 置換前の文字

$result1 = str_replace("A", "Z", $text);
$result2 = preg_replace("/^A/", "Z", $text);

結果はどちらも「ZBCDEF」になります。

例を見てわかる通り、str_replace() は A を B に置き換えるなど、単なる文字列の置換に向いています。
マニュアルにも、「正規表現のような技巧的な置換を必要としない場合、preg_replace() の代わりにこの関数を常用するべき」とありました。
対して、preg_replace() は正規表現を利用する、少し複雑な検索と置換を扱うときに使用します。

なお、今回は書きませんでしたが、どちらの関数でも置換した回数を取得することができます。
str_replace()の時は、第4引数に、preg_replace()の時は、第5引数に、$count などの変数を指定しておくと、指定した変数の中に、置換回数が格納されます。

 

以上、PHPで文字列を置換する方法でした。
単純な置換の場合は str_replace()を、正規表現を使った置換の場合は preg_replace()を使うように心がけましょう。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator