【CSS】「text-decoration:none;」が効かない時の対処法

村上 著者:村上

【CSS】「text-decoration:none;」が効かない時の対処法

今日、会社の後輩に「text-decoration:none; が効かないんです…!」と助けを求められたので、その対処法を主に自分用にまとめました。
なお、修正前のコードは下記のとおりです。



<div id="main">
    <a href="[リンク先]">
        <font class="text">リンク先の名称</font>
    </a>
</div>


.text {
    display: teble-cell;
    text-decoration: none;
}

細部に違いがあるかもしれませんが…大体このような感じでした。
で、リンクの下線を消したいけれど、textクラスに指定した「text-decoration: none;」が効いていないとのこと。

 

では、さくっと解決策ですが、まず参考にしたサイトはこちら。

Google Chromeでtext-decorationのnoneが効かない件。|Webディレクションやって ます blog
https://web-directions.com/director/diary/googlechrome_textdecaration_underline.html

上記のサイトによると、
1. 下方向のパディング(padding-bottom)を1px以上取る
2. displayプロパティをblockまたはinline-blockにする
3. 10.5px以上のサイズにする。(10pxよりも大きなサイズでレンダリングされる指定を行う)

上記の方法で解決できるとのことでした。
が、試してみたのですが、1 は効果なし、2 に関してはレイアウトが崩れてしまうのでNGでした。

どうしたものか…。
…と思っていたのですが、そもそも、aタグのリンクの下線を消したいんだから、aタグに対して「text-decoration: none;」を指定すればよいのでは?
と、いうことで試してみたところ、予感的中!
無事、下線を消すことができました!

変更後のコードはこちら。


<div id="main">
    <a href="[リンク先]">
        <font class="text">リンク先の名称</font>
    </a>
</div>

.text {
    display: teble-cell;
}
#main a {
    text-decoration: none;
}

これで解決です。

一度思い込んでしまうと、なかなか違う方法に気付けなかったりするので、後輩にとっては盲点だったんでしょうね。

  • この記事いいね! (2)

著者について

村上

村上 administrator