Google Chromeがv67からPWAに対応。Twitterなどの対応サイトで利用可能に。

takahashi 著者:takahashi

Google Chromeがv67からPWAに対応。Twitterなどの対応サイトで利用可能に。

最近、Windows10 AprilUpdateでMicrosoft EdgeベースのPWAに対応したニュースがありましたが、Google Chromeも、Chrome67からPWAに対応したようです。

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載 – Gigazine

Twitter LiteなどのPWA対応サイトをChromeブラウザ経由でも、アプリとしてインストールしておくことが可能となりました。

ただ、現在はまだデフォルトで無効になっているようですので、
chrome://flags
から有効にする必要があります。
chrome://flagsにアクセスしたら、検索バーに”PWA”と入れます。

Desktop PWAs をDefautからEnableに変更します。

再起動を求められるので、Chromeを再起動を行えば、PWAが有効になります。

Twitterの公式アプリが自分の環境で動かない、アプリがない、という方は是非試してみてはいががでしょうか。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。