javascriptのDOM操作の高速化に使える機能:DocumentFragment

著者:杉浦

javascriptのDOM操作の高速化に使える機能:DocumentFragment

 これはいくらかjavascriptを知っている人向けの記事で、javascriptの機能の一つDocumentFragmentの紹介です。
 DocumentFragmentはDOMツリーとほぼ同じ機能を持つ独立したノード、小型のdocumentの様なものを定義するインターフェースです。ルートであるdocumentのDOMツリーを操作した場合、レンダリングがしょっちゅう働きますが、DocumentFragmentに従って作成されたDOMツリー同然のノードを操作した場合はレンダリングが全く働きません。このためDocumentFragmentを用いてDOMツリーに連結する予定の木を作成、作成された木を連結、とすることで比較的高速にDOMツリーを操作できます。。
 DOMツリーとはHTMLドキュメントなどを木構造オブジェクトとして扱う際の木のことです。DOMツリー中のノードが削除、変更されたり、新たにノードが追加された場合、レンダリングが行われる場合があります。DOMの操作は重い動作である、という意見、記事がいくつも見られる理由の一つはおそらくこれでしょう。もっとも最近はブラウザも賢くなりレンダリング回数を少なくしようとしていますが、警戒するに越したことはないです。IEにおいてfor文中でappendChildを回す部分のあったプログラムを走らせたら、レンダリングの実行回数がえらいことになっていました。
 DocumentFragment – Web API インターフェイス | MDN
 使い方
var df = document.createDocumentFragment();
 このdfを好き勝手いじれます。dfをどこぞに連結する場合、DocumentFragmentの頂点ノードは削除され、一つの木として自然な形になります。
 レンダリングなどのブラウザの内部について述べられた記事:ブラウザのしくみ: 最新ウェブブラウザの内部構造 – HTML5 Rocks

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator