ライフゲームの紹介

著者:杉浦

ライフゲームの紹介

 ライフゲームは格子状の世界の上に置かれたセル達の模様がルールによって変化していく様を眺めるゲームです。
 お手軽に遊ぶならJohn Conway’s Game of Lifeがおすすめです。ライフゲームでgoogle検索をすると検索画面の背景でライフゲームが始まります。がっつりと遊ぶならGolly Game of Life Home Pageのフリーソフトがおすすめです。また、プログラムの練習として自分で作ってみるのもよいです。定番なのかハッカソンの課題として出されたことが何度かありました。
 ライフゲームの模様の変化(セルの生死)は次のルールに従います。(日本語版wikipediaより引用)
ライフゲームでは初期状態のみでその後の状態が決定される。碁盤のような格子があり、一つの格子はセル(細胞)と呼ばれる。各セルには8つの近傍のセルがある (ムーア近傍) 。各セルには「生」と「死」の2つの状態があり、あるセルの次のステップ(世代)の状態は周囲の8つのセルの今の世代における状態により決定される。

誕生 死んでいるセルに隣接する生きたセルがちょうど3つあれば、次の世代が誕生する。
生存 生きているセルに隣接する生きたセルが2つか3つならば、次の世代でも生存する。
過疎 生きているセルに隣接する生きたセルが1つ以下ならば、過疎により死滅する。
過密 生きているセルに隣接する生きたセルが4つ以上ならば、過密により死滅する。

下に中央のセルにおける次のステップでの生死の例を示す。生きているセルは■、死んでいるセルは□で表す。

 ライフゲームでは面白い、興味深いとされる定番のパターンがいくつもあります。チューリングマシンを再現したパターンもあります。詳しくは調べてみてください。

グライダー(消えずに移動し続けるパターン) ブロック(最小の静的状態の一つ)
  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator