ファイル検索ソフトEverythingの紹介

著者:杉浦

ファイル検索ソフトEverythingの紹介

 ファイル検索を行ってくれるフリーソフトであるEverythingの紹介です。
 Everythingは様々なファイル検索機能を備えたGUIのソフトです。インデックスを用いた探索(技術内容はB木とかSQLとかと合わせて検索すれば出てくるはず)を行うため大体ストレスフリーです。また色々(ファイルサイズ、使用リソース、画面など)と小さくまとまっているのも良いです。多機能なのでよく使う機能とショートカットを紹介します。詳しくは公式のhelpを参照してください。
文字列指定
 everythingはフォルダ、ファイルのパスの文字列を検索します。例えば、フォルダのパスを検索ワードに含めた場合、そのフォルダ以下のフォルダ、ファイルのみを探索できます。表示件数が少なくなったり、検索時間が短縮できたりします。
ファイル内探索
 content:を検索ワードに含めた場合、:以下の文字列をファイル内に含むファイルを表示します。
直下探索
 parent:を検索ワードに含めた場合、:以下の文字列直下にあるフォルダ、ファイルのみを表示します。
検索演算子

space AND
| OR
! NOT
<> グループ化
* 任意の文字列
“” 正確な文字列。spaceなどのescape代わりに

ショートカットは大体通常のエクスプローラ上と同じです。
ctrl+C,ctrl+X,ctrl+V,F2,ctrl+A
 コピー、切り取り、ペースト、名前変更、全選択
検索ボックス内でctrl+Backspace
 ひとつ前の単語を削除
検索ボックス内でctrl+space
 検索履歴を表示

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 author