TwitterがUserStreamsAPIの廃止を延期

takahashi 著者:takahashi

TwitterがUserStreamsAPIの廃止を延期

以前から波紋を呼んでいたTwitter Streams APIの廃止問題ですが、どうやら廃止が延期されたようです。

Twitter、“流れるタイムライン”の「User Streams API」廃止を延期 – ITMedia

User Streams APIとは、一度TwitterサーバーのこのAPIに接続してしまえば、リアルタイムにツイートの取得が可能となり、さらに現在サードパーティアプリに敷かれている15回/15分という厳しい取得制限の影響を最小限に抑えられる、唯一の回避策でもありました。
ところがTwitterはこのUser Streams APIも廃止を行い、TLの取得ができず、ほぼ有料であるAccount Activity APIの適用を強制することで、実質的にサードパーティークライアントの締め出しを行おうとしていました。

上記記事ではなぜTwitterがUserStreamsAPIの廃止が延期されたのかは不明と書かれていますが、こちらの記事ではTwitter社に対して抗議が多数寄せられたことが原因としています。

Twitter、サードパーティアプリを破壊する「User Streams API」の廃止を延期 – 携帯総合研究所

情報が錯綜気味なので、実際のところはわかりませんが、”謝罪専用係“や大量アカウント凍結などの事件もありましたし、UserStreamsAPIの廃止によって多数のデベロッパーやユーザーにとってさらに使いづらくなります。ユーザーやデベロッパーから猛烈な抗議が出るのも無理はないと思います。

経営難でいろいろな施策が必要なのは理解できるのですが、利用者数も少ないサービスではないですし、原因はユーザーではなくTwitter側にあるはずなので、ユーザーにばかりしわ寄せするような施策が多いのはどうかと思ってしまいますよね。

制限ではなく、Twitter、ユーザー双方にメリットのあるシステムを考えていって欲しいところです。

  • この記事いいね! (1)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。