screenとshutdown

著者:杉浦

screenとshutdown

 2018/4/16本日、screenからexitするつもりがscreen中でshutdownコマンドを実行してサーバを落とす事故を起こしてしまいました。そんなわけでlinuxのscreenコマンドとshutdownコマンドについて書くことにしました。screenについてはこちらの記事こちらの記事で詳しく話されています。
screen
 screenは端的に言えば別画面を作るコマンドです。ターミナルと同じ機能を持つ別のプロセスが走り出すような感じです。
参照:SCREEN Quick Reference
よく使う操作

新たにscreenを作る screen
名前を付けてscreenを作る screen -S <name>
現在存在しているscreenをリストアップ screen -ls
指定した<id|name>のscreenに移動 screen -rx <id|name>
screenを動作させたまま抜け出す screen中でCtrl-a d
screenを消して抜け出す screen中でexit

 
shutdown
 シャットダウンを行うコマンドです。ただ命令するだけでも問答無用でshutdownコマンドが実行され出しますがコンピュータのシャットダウンが行われるまで多少猶予があります。CentOS7.4.1708のデフォルト設定におけるオプションなしの猶予は1分でした。特に覚えておきたい大事な操作は’shutdown -c’で実行できるshutdown処理の中断命令です。shutdownはCtrl+zやCtrl+cを打ち込んでも走り続けるため、シャットダウンを中止するためにはshutdown -cを入力する必要があります。一応shutdownを実行した際に「use ‘shutdown -c’ to cancel」と文面がでますが、焦り出す上に英語に親しくない私みたいな人は読み取れないことがあると思います。気を付けましょう。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator