組み合わせ爆発の話

著者:杉浦

組み合わせ爆発の話

 巨大な数を表す方法にはいろいろあります。掛け算、乗数、n乗のn乗の…数(乗数に乗数が含まれている)と順に大きくなっていきます。この中で2番目の乗数なんかは組み合わせ爆発と合わせてプログラマに縁があると思います。組み合わせ爆発とは機械学習などのアルゴリズムを考える時に考える必要のあることであり、碁や将棋のコンピュータが強くなることが難しいとされていた理由の一つです。多数の項目を組み合わせることで組み合わせ爆発を起こせます。[a-z]と[A-Z]と[0-9]を組み合わせれば26*26*10になります。雑に作ったアルゴリズムになんかはループ中ループ中を含み、こんなことになります。
 囲碁や将棋の手を進めることはどうしようもなく組み合わせ爆発になります。このため良い手を見つけることはとても難しいとされていました。組み合わせ爆発が起きるか否かはアルゴリズムを図示する際、フローチャートか状態遷移図かの基準なんかにもできます。

  • この記事いいね! (0)

著者について

杉浦 administrator