人気上昇中!?コミュニケーションに特化した新しいVR空間”VRChat”

takahashi 著者:takahashi

人気上昇中!?コミュニケーションに特化した新しいVR空間”VRChat”

現実世界で最大のVR空間…というと、SecondLifeが非常に有名ですよね。
個人的な感じ方ですが、SecondLifeは本当の意味でのVR空間を目指していたような印象です。

具体的には、ただコミュニケーションするだけでなく、VR空間内でいろいろなものを3Dオブジェクトで作ったり、販売したり、またLSLという独自のスクリプト言語を使うことで、アバターに特定の動作をさせたり、仕掛けを用意したりすることも可能な仕様です。

一方、最近になって新しいVR空間が人気を集め始めています。

その名も、”VRChat

最近、ネット上でにわかに人気を集めています。
このVRChatですが、一見すると非常にSecondLifeに似ているように思えます。

何かSLと比較できる点とかあるかなーとか思ったのですが、

バーチャル無法地帯『VRChat』の歩き方…今日から遊べるカオスな溜まり場 – GameSpark

こちらの記事を確認する限りではほぼSLと変わらない雰囲気です。
ただ、こちらのサービスは黎明期ということもあり、現在世界中の多くの人でにぎわっているようです。
VRChatの世界でも、自分で好きなアバターを入手、もしくは制作することで、好きな姿で参加することができます・
また、SLでいうリージョンのように、ワールドという仮想空間を作成することも可能です。

唯一SLと違う点としては、HMDを使用することが前提(PCでの利用も可)のサービスとなっていたり、モーショントラッキングができたりと、最近のVR技術に最適化されている部分があるようです。

ただ、SLのようにゲーム内での細かい規約がまだ設定されていないようで、自由度がかなり高いものとなっていますが、上記の記事にもあるように一部無法地帯となってしまっている部分もあるようです。

VRが発達して再び活気がつき始めた仮想空間サービス。
プレイ環境が誰でも比較的入手しやすくなった今こそ、面白いことになっていくのではないかというワクワク感を感じました。

VRChat公式サイト(英語)
VRChat 日本WiKi

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。