気になる端末:GPD Pocket

takahashi 著者:takahashi

気になる端末:GPD Pocket

持ち運びに特化したノートPC:ネットブックが一時期大流行しましたが、最近はその数をかなり減らし、タブレット型PCやキーボードと画面が分離するコンバーチブルPCが目立ってきています。

持ち運びに重点を置くのなら確かにタブレット型で、キーボードは必要な時に着ける形の方が理にかなっている気はします。ただ、個人的にはキーボードとタブレットを別々で持ち運ぶというのにもちょっとわずらわしいのでは…と思うときがあります。

やっぱり、ノートPCにはハードウェアキーボードがついていてほしい…でもかさばってほしくない….

そんなわがままを叶えてくれるのがネットブックだったので、少なくなってしまったのはちょっと残念に思っていました。

そんな中、彗星のごとく現れたのが、

中国・深センのデバイス製造メーカーGPDが発売した「GPD Pocket」という機種です。
大きさはなんと7インチという極小サイズ。電子書籍と見間違うほどの小ささなのですが、スペックはIntel Atom x7-Z8750、ストレージ128GB、RAMも8GBあります。
CPUを除けばMacBookAirとさほど変わらないスペックです。

ポートもUSB3.0、イヤホンジャック、USB Type-Cなど、主要なものは一通りそろえています。
OSもWindows 10 Home入りですが、Ubuntuも公式にサポートしている点はガジェット通な人の心をつかみそうです。

使用感はこちらのかたのブログでよくまとめられています。

7インチの極小ノートパソコン「GPD Pocket」と過ごした1ヵ月まとめ – goodegg.jp

昔は2番煎じ、3番煎じ間の強かった中華製ガジェットですが、最近は国内や主要メーカーよりもより痒いところに手が届く”一番手”なハードが増えてきた気がします。
是非今後も注目していきたいですね。

参考:
UMPCを忘れられないあなたへ 超小型パソコン『GPD Pocket』を日本でも – Makuake

7インチの極小ノートパソコン「GPD Pocket」と過ごした1ヵ月まとめ – goodegg.jp

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。