Windows用高性能SSHクライアント”RLogin”

takahashi 著者:takahashi

Windows用高性能SSHクライアント”RLogin”

サーバ管理などでリモートからSSH接続を利用している皆さん。SSHクライアントは何を使っていますか?
WindowsOSを利用されている方は分かるかと思いますが、MachintoshやLinuxではターミナル画面から手軽にSSHを利用できるものが多いのに対し、Windowsには標準ではSSHクライアントが入っておらず、そのままではWindowsOSからSSH接続することはできません。

そこで代わりに、”SSHクライアント”と呼ばれる専用のソフトが使われることが多いです。

Windowsユーザーでおそらく最も一般的に使われているターミナルは、”Tera Term“というクライアントソフトだと思います。
Tera Termはオープンソースで開発されているため無料で利用できる上、機能もわかりやすくシンプルなので、最近初めてSSHを触り始めた!という方にはおすすめです。また、標準でCygwinに接続する機能も持っています。

一方で、仕事などで複数台のサーバーを管理していたり、踏み台サーバー経由で目的のサーバーにSSH接続したい場合などは、Tera Termでは少し不便に感じる機会が出てきます。
そんな方にお勧めしたいのが”RLogin“というフリーのSSHクライアントです。


http://nanno.dip.jp より引用

RLoginは複数台のサーバーを同時に接続することを前提とした設計になっていて、TeraTerm以上に多くの機能を備えています。

個人的には、
Terminalを色付きにできたり、踏み台サーバー経由の接続も設定することができるのがとてもありがたいですね。

ちょっと高機能なクライアントが欲しいな、と感じている方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。