WindowsへのMeltdown対策によるCPUベンチマークの変化をMSが公表。旧CPUでは著しい速度低下も。

takahashi 著者:takahashi

WindowsへのMeltdown対策によるCPUベンチマークの変化をMSが公表。旧CPUでは著しい速度低下も。

先日、Microsoftが気になるデータを公表しました。

プロセッサの脆弱性、Microsoftの対策パッチでパフォーマンス大幅低下も – IT Media エンタープライズ

先日発覚したCPUの脆弱性 Meltdown/Spectre の脆弱性対策としてMicrosoftが公開したWindowsへの対策パッチを適用した際のベンチマークを比較したところ、IntelCPUの 第6世代にあたるSkylake以降は特に目立った速度低下はないものの、第4世代にあたる Haswell以前のIntelCPUは相当な減速が確認された、という内容です。
特にHaswellを含むそれよりも古いCPUを搭載したWindows Server機はかなりのスペックダウンが発生する可能性があるようです。

Skylakeが初めてIntelから発売されたのが2015年8月ごろになる(Wikipedia)ので、少なくともこれより前に発売されたIntelCPU、およびそのCPUを搭載したPCはすべてこのスペックダウンの影響を大きく受ける可能性があるということになります。

比較的新しいCPUでもスペックダウンの対象になってしまっているという点で、なかなかショッキングな内容です。
ちなみに、僕が現在所有しているマシンは一番新しいもので第5世代のbroadwellのマシンなので、全滅でした。

なお、LinuxOSにおいても影響が出ているようです。
CPU脆弱性Meltdownのパッチ適用でベンチマークスコアが25%低下した – Qiita

ここまで影響が大きいと、ゲーム用のマシンや企業向けサーバーなどののスペックダウンに各方面からの悲鳴も聞こえてきそうですね。
現にAWSでかなり影響が出ているという報告もあるようです。
チップ脆弱性の修正パッチが招いた、サーヴァーの性能低下という「二次災害」の深刻度 – WIRED

引き続き、Intelや各OSベンダーがさらなる対策を行ってくれることを祈ります。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。