【PHP】TwitterOAuthライブラリを使って登録したメールアドレスを取得する方法

村上 著者:村上

【PHP】TwitterOAuthライブラリを使って登録したメールアドレスを取得する方法

タイトル通り、TwitterAPIを使ってTwitterからメールアドレスを含むユーザー情報を取得する方法についてです。
ちょっとだけ面倒だったので、備忘録としてまとめ。

使用するのは、TwitterOAuthというPHPのライブラリです。
下記の公式サイトから、インストールから導入方法まで記載されています。

TwitterOAuth PHP library for the Twitter REST API
https://twitteroauth.com/

 
Twitter Application Management 側の設定は割愛します。
が、アプリを作成時、パーミッションの項目で「Request email addresses from users」にチェックを入れるのだけは忘れずに。
Twitter Application Managementには下記からアクセスできます。

Twitter Application Management
https://apps.twitter.com/

 

さて本題のメールアドレス取得ですが、コードは下記のとおりです。

$connection = new TwitterOAuth(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET, $access_token, $access_token_secret);
$content = $connection->get("account/verify_credentials",array('include_entities'=> 'false', 'include_email'=> 'true'));

CONSUMER_KEYCONSUMER_SECRETは、Twitter Application Management でアプリを作成すると自動で生成されるので、そちらを使用します。
$access_token と $access_token_secret は、Twitterのアカウント連携が許可されたときに取得できました。
私の場合、こちらの連携処理は、CordovaのTwitter-connect-plugin を使用して取得したトークンを使っています。

TwitterOAuthを新しく定義した後、getメソッドに「account/verify_credentials」と指定します。
が、このままではメールアドレスは取得できないため、オプションのパラメーターとして「array(‘include_entities’=> ‘false’, ‘include_email’=> ‘true’)」を指定します。
include_email = true」という指定がメールアドレス取得に関係していて、これで無事にメールアドレスを含むユーザー情報を取得できます。

なお、取得したデータはオブジェクトのため、そのままで扱いずらい場合は、配列にします。
この時、下記のように 一度JSON形式にした後、さらに JSONを配列にすれば、扱いやすい形になります。

// オブジェクト→JSON→配列に
$user = (json_decode(json_encode($content), true));

以上、Twitterアカウントのメールアドレスを取得する方法でした。
ただ個人的には、TwitterOAuthの使い方と同じくらい、オブジェクト→配列の処理が便利だと感じましたね。
皆様も是非ご活用ください。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator