【Cordova】cordova-plugin-facebook4でFacebookログインのパーミッションを複数指定する方法

村上 著者:村上

【Cordova】cordova-plugin-facebook4でFacebookログインのパーミッションを複数指定する方法

CordovaアプリでFacebookログインをする時に利用するプラグイン「cordova-plugin-facebook4」でちょっとハマったので備忘録もかねてまとめ。
「cordova-plugin-facebook4」の導入については、下記をご確認ください。

GitHub – jeduan/cordova-plugin-facebook4
https://github.com/jeduan/cordova-plugin-facebook4

今回やりたいのは、ログイン時に、利用者に公開プロフィールの一部とメールアドレスへのアクセスを許可するかを確認し、名前とメールアドレスを取得する、です。
ログイン機能自体はプラグインがすでに用意されているのでこちらを利用します。
ただ、public_profile を指定して取得できる公開プロフィールの中にメールアドレスは含まれていないため、emailについても指定する必要がありました。
が、何故か挙動がおかしい、と若干ハマりました。

 

先に、正常に動作したコードをお見せすると、下記のように記述しました。

facebookConnectPlugin.login(["public_profile","email"],
    function(result) {
        // ログイン成功時の処理
    },
    function(error) {
        // ログイン失敗時の処理
    }
);

ログイン処理を行う、facebookConnectPlugin.login() という関数の第一引数にパーミッションを配列で記述すると、その指定したパーミッションを許可するか、ログイン時に利用者に確認してくれます。

で、何が間違っていたかというと、一緒に指定するパーミッションのようでした。
現在開発中のこのアプリは、アプリからFacebookへの投稿も行う機能もあるため、publish_actions というアプリの利用者の代わりに、投稿ができるパーミッションを許可するかも確認しているのですが、この publish_actions と一緒に email を記述していたのが問題のようでした。
そのため、public_profile と email を一緒に確認し、そのあとで publish_actions を確認する、という流れにすると問題なく動作しました。
読み込みのみのパーミッションと、読み込み&書き込みのパーミッションは、混合して記述してはいけない、という事みたいですね。

Facebookログインのパーミッションについて、詳しくは下記のFacebookのリファレンスを確認してください。

アクセス許可のリファレンス – Facebookログイン
https://developers.facebook.com/docs/facebook-login/permissions

なお、基本的なアクセス許可(公開プロフィールの一部取得、メールアドレス取得、友達のリストにアクセス)では、Facebookの審査は必要ありませんが、その他のパーミッション(アプリからFacebookに投稿など)は審査が必要です。

 

些細な指定ミスでしたが、記述の形式自体は合っていたために、修正に手間取りました。
皆様、もFacebookログインを利用する際は、十分お気を付けください。

  • この記事いいね! (0)

著者について

村上

村上 administrator