月別アーカイブ 2月 2018

村上 著者:村上

【イベント】2月2日に「第4回 浜松ICTシンポジウム」を開催致しました

以前もこのブログでご紹介しましたが、昨日2月2日(金)に、「第4回 浜松ICTシンポジウム」を開催致しました。
主催は、NPO法人浜松ソフト産業協会です。
今回の参加者は100名ほどでした。
昨年度よりは少し少ない参加者数でしたが、100名は超えたのでまあ良いのではないかな?

シンポジウムについて詳しくははこちら。

2018年2月2日、浜松ソフト産業協会主催「第4回 浜松ICTシンポジウム」を開催します。
https://hamamatsusoft.com/news/2017/00033/

 

講演のプログラムはこのような感じ。

今回は講師4人による講演と、結構盛り沢山な内容となっております。
で、今年も私は受付を担当していました。
受付だと、いろいろな方とご挨拶できて楽しかったです。

 

また、空いた時間を見計らって講演を聴くこともできました。
聴いたのはソフ協会員でもある、モアソンジャパンの森川社長の講演です。
身近なIoTのデバイスの紹介から始まり、実際で会社で行った事例の紹介、また他のソフ協会員の事業紹介など、興味深い内容でした。
個人的には、講演冒頭で自転車の写真が出てきて、そして自転車で使われているIoT機器の説明から入ったので、思わず「おっ!」となって内容に引き込まれましたね。
最近私も自転車を始めたので、興味のある分野を取っ掛かりにしていると、更に興味が湧きますね。

ということで、スタッフとして参加しつつも、今回は聴講もできたので、私としては結構楽しかったです。
忘れ物をするというミスも犯しましたが、大事にはならなかったので、良しとしていただきたい…。
…次回は気をつけます!

 

ちなみに、会場の写真がこちら。

プロジェクターが大きいので、後ろの席からでもよく見えました。
あと、毎回思いますが天井のシャンデリアが綺麗。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

Linux(Unix)のscreenの外からコマンドを実行する方法

LinuxやUnixでSSHにつなぎながら作業する際、時間のかかる処理を行わせたりでしばらく放置しておく機会と言うのはしばしばあります。

そんなときに、途中でインターネット接続が切れてしまうと最悪です。また、トラブル以外でもは会社の業務終了時間になって退社する時するなどでマシンの電源を落とさないといけない場面があったりします。

そんなときにscreenコマンドは便利です。
サーバー側に仮装のターミナルを作成し、そこで様々な処理を実行することが出来ます。
途中でSSHが切断されてしまっても、screenはサーバーの中で動作しているので、処理も続行されます。途中で処理させながらscreenターミナルから抜けることも、再度入ることも可能です。

また、スクリプトを簡易的にデーモンっぽく動作させる使い方もできます。

このscreenコマンドですが、実は外部からコマンドや文字列を与えることができるのはご存知でしょうか。

例えば、s1という名前でスクリーンを作成し、

$ screen -S s1

s1スクリーン内でpythonのプロンプトを起動しておきます。

$ python

Python 2.7.5 (default, Aug  4 2017, 00:39:18) 
[GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-16)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

このs1スクリーンに、外からs1の標準入力に対して文字列を入力したい場合、
まず、ctrl+a d でスクリーンをデタッチした後で、

$ screen -S s1 -X stuff 'print "Hello world!"
'`echo -ne '\015'`

とした後、再度screen -r s1 でアタッチすると

>>> print "Hello world!"
Hello world!
>>> 

と表示されているはずです!

これは例えば、screenで実行中のプログラムに文字列を渡したい時や、特定のscreenでのみ定期的にプログラムを実行したいときに有効です。

予めシェルスクリプトにしておけば、cronで回すことも出来ます。
便利なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

参考サイト:
Minecraftサーバをscreenとcronでプラグインを使わずに自動再起動する – 純規の暇人趣味ブログ

別ターミナルで動いているscreenに外部からコマンド実行 – 戯術者の日記

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

FuelPHPが”‘Monolog\Logger’ not found”で動作不能に。原因はComposerっぽい。

最近、fuelPHPを使ってWebアプリを開発中なのですが、コーディング外でエラーが発生してfuelが動作しなくなったので対処法をメモします。

ことは突然発生しました。
プログラムを書き換え、ブラウザで実行したら下記のようなエラーが…

さて見慣れないエラーです。
エラー内容にもスタックトレースにも自分のプログラムでエラーが発生している表示はなし。

なんとなくfuelPHP側っぽいなーとは思ったのですがわけがわからないのでGoogle先生に助けを求めたところ、下記のサイトを発見。

fuelphp1.7.2をzipで入れた場合にcomposer使うとfuelが動かなくなる – Qiita

僕の場合、上記記事の最後の”Composerでパッケージインストール実行“を実行。

今回の開発ではComposerを使って操作するようなことは何もしていなかったので、アレ?とは思ったのですが、試したところ正常に動作するようになりました。

どうもfuelPHPはいろいろなところでComposerに依存しているようなので、この辺はもう少しちゃんと調べないといけなさそうだな…と思った次第です。

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【Webサイト】PDFファイルの回転・圧縮・分割・結合が簡単にできるサイト「Smallpdf」

最近、よくPDFファイルを扱うことがあるのですが、その際に便利なサイトが、こちらの「Smallpdf」。

smallpdf.com – 無料Pの変換はこちらでどうぞ!DF
https://smallpdf.com/jp

タイトルにあるように、PDFを回転させたり、圧縮したり、複数枚のデータのPDFを1枚ずつに分割できたり、逆に複数のPDFを結合できるサイトです。
それ以外にも、PDFを画像ファイルに変換したり、PDFをエクセルやワードに変換したりもできます。

 

「Smallpdf」のサイトはこちらのようなレイアウト。

トップページにボタンがずらりと並んでおり、ここからやりたいことを選びます。
アイコンもシンプルだし、下に何ができる丘も簡潔に書いてあって分かりやすいですね。

そのうちの一つを選択してみるとこんな感じ。
画像は「PDFを回転」を選択した画面です。

中央に大きく、ファイルを選択するエリアがあります。
ローカルファイルだけではなく、DropboxGoogle Drive から選ぶこともできます。
ファイルを選択した後は、右回転・左回転のボタンが表示されるので、任意の回転をかけた後「変更を保存する」ボタンを押します。
すると下の画像のようなファイルダウンロードページに移動するので、ここから PDFのダウンロードをします。

また、ダウンロード以外にも、Dropbox や Google Drive へ保存したり、もしくはさらにここからワードに変換したり、作成したPDFをパスワードで保護することもできます。
さらに変換したい場合、一度トップページに戻らなくて済むのは楽ですね!

 

ということで、ブックマークしておくと何かと便利な「Smallpdf」でした。
これよりさらに上のサービスをご希望の方は、「Smallpdf Pro」という有料サービスもあるようなので、こちらも検討してみてはいかがでしょう?
でも、数ファイルをちょこっと使う分には、無料版で十分ですね。

  • この記事いいね! (0)