MacでWebサイトを”アプリ化”できるアプリ Fluid

takahashi 著者:takahashi

MacでWebサイトを”アプリ化”できるアプリ Fluid

takahashiです。

先日、macOS版Chromeでアプリモードを開く方法をご紹介しましたが、他にもmacOSでサイトをWebアプリ化できるアプリがありましたので、ご紹介したいと思います。


Fluidというアプリです
これを使うと、任意のWebサイトを簡単に”アプリ化”できちゃいます!

まず、Fluidを起動すると、以下のような画面が出てきます。

URL: にはアプリ化したいサイトのURL
NAME: にはアプリ化した時のアプリ名
Location: はインストール先

を指定します。
もし、任意の画像をアプリのアイコンに設定したい場合は、

Icon:
でアイコンファイルのパスを指定します。

なかなか自動でアイコンが設定されないサイトも多いので、あらかじめアイコンを用意されることをお勧めします。

この状態で”Create”ボタンを押すと、.app形式のアプリケーションが生成されます。
今回は、試しに先日紹介したHabiticaをWebアプリ化してみました!

Fluidでゴニョゴニョすると、

Applicationフォルダにアイコン付きで登録されました。
実際に起動すると、

こんな感じで表示されます。
余分なUIはすべて取り払われ、コンテンツ本体と読み込み状況のみ表示され、スッキリしました。
最大化すれば、より広く使うこともできます。

SafariやChromeをわざわざ開いてから起動しなければならないわずらわしさから解放され、とても使いやすくなりましたw
気分的にも”Webサイト”ではなく、”アプリ”として使えるのもいいですね。

便利なので、Webアプリをよく使われる方は是非お試しあれ。

  • この記事いいね! (0)

著者について

takahashi

takahashi administrator

Webエンジニア。 趣味で自宅サーバーを稼働中。 ファンタジーが好き。