月別アーカイブ 11月 2017

著者:ym

経済産業省のサイバーセキュリティ経営ガイドラインが改訂

佐鳴湖の桟橋

佐鳴湖の桟橋

経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の改訂版が出てきました。

企業にとってITは必要不可欠というより酸素や水と同じなので、同時にサイバーセキュリティ対策も必須。もちろん個人レベルでもサイバーセキュリティ対策は必要。

セキュリティ対策はIT投資ととらえることが重要。セキュリティ対策をコストととらえるか、IT投資ととらえるかで違いがでます。IT投資よりも、保守やセキュリティ対策に重要視をしたほうが良いですよ!

サイバーセキュリティ経営ガイドラインを改訂しました(METI-経済産業省)

昨今サイバー攻撃は更に巧妙化しており、防御が難しく、サイバー攻撃を受けていること自体に企業が自ら気づかないケースも増えるなど、事前対策だけでは対処が困難となってきています。特に、日本を含むアジア諸国は世界の平均よりもサイバー攻撃の発見に時間を要する傾向にあります。一方、米欧では、こうした状況を踏まえて対処方針の見直しが進められ、事後対策を国内企業に求めるなど、検知・対応・復旧といった事後対策の取組にも重点が置かれるようになっています。

こうした状況を踏まえ、経済産業省は、IPAと協力し「サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂に関する研究会」を開催しました。そこでの検討を踏まえ、今般、事後対策の追加などを含めた、サイバーセキュリティ経営ガイドラインの改訂を行いました。

III.サイバーセキュリティ経営の重要10項目
経営者は、サイバーセキュリティ対策を実施する上での責任者となる担当幹部(CISO 等)に対して以下の重要10項目を指示すべきである。
指示1 : サイバーセキュリティリスクの認識、組織全体での対応方針の策定
指示2 : サイバーセキュリティリスク管理体制の構築
指示3 : サイバーセキュリティ対策のための資源(予算、人材等)確保
指示4 : サイバーセキュリティリスクの把握とリスク対応に関する計画の策定
指示5 : サイバーセキュリティリスクに対応するための仕組みの構築
指示6 : サイバーセキュリティ対策における PDCA サイクルの実施
指示7 : インシデント発生時の緊急対応体制の整備
指示8 : インシデントによる被害に備えた復旧体制の整備
指示9 : ビジネスパートナーや委託先等を含めたサプライチェーン全体の対策及び状況把握
指示10: 情報共有活動への参加を通じた攻撃情報の入手とその有効活用及び提供

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【イベントレポ】「第22回 テクノフェスタ in 浜松」に参加しました

少し前のことになりますが、11月11日(土)、12日(日)に静岡大学浜松キャンパスで開催されていた「テクノフェスタ in 浜松」に行ってきましたので、こちらのイベントレポです。

テクノフェスタについてはこちらの静大のHPもご確認ください。

第22回 テクノフェスタ in 浜松
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/campuslife/festa/

様々な展示や体験ブースがありましたが、今回のお目当てはこちらの2ブース。

遊橋研究室


静岡大学生向けの時間割管理のスマートフォンアプリや、学生が開発したブロック崩しゲームが展示されていました。
ゲームに夢中になっているお子様が多く、ブースの写真は撮影できませんでした。
ブースの対面の壁には、各アプリのQRコードが貼られており、こちらから自由にインストールすることが可能でした。

木谷研究室


「RTK宝探し・リターンズ」という実験が行われており、プレイヤーは司令部と探検部に分かれて構内に隠された宝箱を探すというものでした。
RTK(Realtime Kinematic、リアルタイムキネマティック)とは、「GNSS基準局受信機を固定化して、もう一方の受信機で移動しながら各観測位置をリアルタイムに測位していくこと」です。
詳細については、こちらの「静岡大学・浜松キャンパスにGNSS基準局受信機」をご覧ください。

あまり詳しくない工学系の展示でも、こういうイベントだとつい足を止めてみてしまいます。
専門外の技術に興味をもてる良い機会でした。

また、大学祭も同日開催していたため、高校生やお子様連れのご家族の方が多くいらっしゃいました。
特に、子供向けの実験を行える「キッズ・サイエンス」ブースは大盛況でした。
子供向けとありましたが、成人済みの私も是非体験してみたかったですね。

  • この記事いいね! (1)
takahashi 著者:takahashi

【コンピューターって何?】 Appleがアピールする”PCのない未来”とは

初めまして。シーポイントラボの高橋です。
これからIT技術やその周辺の話題について、皆さんにご紹介できればと考えています。

よろしくお願いいたします。

さて先日、気になる記事を発見しました。


Photo by カミアプ

「コンピュータって何?」Appleが目指すiPadの未来はPC以上の存在か – カミアプ

iPad Proは文字を書ける。絵も描ける。写真も撮れる。コミックも読める。誰かとコミュニケーションも取れる。
ここまでできて、果たしてこの先の未来にコンピューターは必要なのか?

そんなAppleの主張を感じることができます。

身の回りにある電子機器は、時代が進むごとに形や担う機能が変わってきました。

黒電話からプッシュフォンのような、ただ声のやり取りができるだけだったデバイスから、ガラケー、そしてガラケーからスマートフォン。
そしてつい先日、音声のみで操作ができるデバイス、Google Home と Amazon Echo、Line Clova が発表され、操作に画面すら必要としないデバイスも出てきました。

PCもまた、徐々にデスクトップPCからどこにでも持ち運べるモバイルPCへと、需要がシフトして行っているように思えます。

両社のその行き着く先は、確かに同じところではないでしょうか?

 

僕は開発者なので、正直タブレットより大きな画面としっかりとしたキーボードのあるPCの方が使いやすいですし、個人的にタブレットで長文を書いたり…はあまりしたくないなーというのが正直なところです。
また、iOSよりも現在のデスクトップPC用のOSの方が機能面でも優れているので、まだ取って代われるレベルとまでは言えないのかな、と考えています。

ただ、一方でもしもう少しこれらのデバイスが進化したら…今のPCと同等か、それ以上の使い勝手や機能をそなえたら、もしかすると”PCのない未来”は実際にやってくるのかもしれませんね。

もしかすると動画のように、「コンピューター(パソコン)って何?」と言う子供たちも出てくるかもしれません。

皆さんはどう考えますか?

  • この記事いいね! (0)
著者:admin

シーポイントラボでは駅前に出張オフィスを設置しています

弊社シーポイントラボの本社は浜松市の富塚にありますが、車かバスが無いと中々来ていただく事が難しい場所でもあります。
遠方から来ていただくお客様も少なくなく、駅前でも気軽に打ち合わせなどができる場所が常々欲しいと思っておりましてちょうど浜松市から無料で借りることができるトライアルオフィスがオープンしたとの事で期間限定ではありますがこちらを借りる事にしました。

はままつトライアルオフィスをOPENします!

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/sangyoshinko/trialoffice.html

場所はこちら

住  所
〒430-0933 静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松中央館4階

利用時間
10:00~20:00(土日祝日含)
※いずれもザザシティ中央館休館日及び年末年始 (2017年12月29日~2018年1月3日除く)

こちらがオフィスの中になっております。
固定席、個室はありませんが6人が座れるテーブルが5つほどあり小さい1人用のいすもあります。

コンセントも完備しており当然無料のWi-Fiを利用する事もできます。

プリンターもあり印刷も可能!
お手洗い、喫煙所はフロアから出る必要がありますがフロア内では飲食も可能となっています。

利用してみたい方、駅前でお打合せご希望のお客様おりましたら是非お声がけください。

  • この記事いいね! (0)