月別アーカイブ 11月 2017

takahashi 著者:takahashi

nginxでSSL設定をするときに気を付けたいこと

高橋です。

以前家で趣味でnginxを使ってサーバーを建てたときの話。
Nginxを後ろに控えているWebサーバー(Apache)のリバースプロキシとして構築していました。

構成としてはサブドメインを割り当てたバーチャルホストが複数稼働している環境だったため、nginx側もバーチャルホストに対応すべく下のような設定にしていました。

 #省略...
 server {
  server_name  .example.com;

  listen          80;
  listen          443 ssl;

  ssl on;
  ssl_certificate      /ssl/to/path/example.com/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key /ssl/to/path/example.com/privkey.pem;

  client_max_body_size 1g;
  proxy_set_header Host $host;
  proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # クライアントの IP アドレス
  proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; # オリジナルのホスト名。クライアントが Host リクエストヘッダで渡す。
  proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; # プロキシサーバのホスト名
  proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  location / {
    proxy_pass https://xxx.xxx.xxx.xxx;
  }

}
   server {
  server_name  .a.example.com;

  listen          80;
  listen          443 ssl;

  ssl on;
  ssl_certificate      /ssl/to/path/a.example.com/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key /ssl/to/path/a.example.com/privkey.pem;

  client_max_body_size 1g;
  proxy_set_header Host $host;
  proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # クライアントの IP アドレス
  proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; # オリジナルのホスト名。クライアントが Host リクエストヘッダで渡す。
  proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; # プロキシサーバのホスト名
  proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  location / {
    proxy_pass https://xxx.xxx.xxx.xxx;
  }

}
#省略...<span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; width: 0px; overflow: hidden; line-height: 0;" class="mce_SELRES_start"></span>

すると..

Bad Requestのエラーが発生。
いろいろ試してもエラーが解消されず頭を抱えていたのですが、調べていたら以下のサイトを発見。

nginx連載6回目: nginxの設定、その4 – TLS/SSLの設定 – インフラエンジニア way
https://heartbeats.jp/hbblog/2012/06/nginx06.html

>sslディレクティブをonに設定すると、SSLが有効になります。ただし、listenディレクティブでsslパラメータを指定したときには不要です。

>ssl on;

>listenディレクティブにsslパラメータを付けると、そのポートでSSLを有効にして待ち受けるようになります。そのポートに関して後述するsslディレクティブをonにしたのと同じ動作になるため、sslディレクティブの記述は不要になります。

>listen 443 ssl;

なるほど、
ssl on;
の記述をしてしまうと
server{}
内で定義されている全ポートにsslが有効になるので、80番ポートでアクセスしてもssl通信と解釈されてしまい、エラーが出ていたようです。
443ポートだけsslにしたい場合は

listen 443 ssl;

とだけ指定しておけば443ポートだけsslを有効にできるようです。
てっきり

“ssl on;”

を入れないとsslが有効にならないものと勘違いしていました(汗

さっきの設定を修正すると以下のようになりました。

 #省略...
 server {
  server_name  .example.com;

  listen          80;
  listen          443 ssl; #これは残しておく

  #ssl on; コメントアウト
  ssl_certificate      /ssl/to/path/example.com/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key /ssl/to/path/example.com/privkey.pem;

  client_max_body_size 1g;
  proxy_set_header Host $host;
  proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # クライアントの IP アドレス
  proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; # オリジナルのホスト名。クライアントが Host リクエストヘッダで渡す。
  proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; # プロキシサーバのホスト名
  proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  location / {
    proxy_pass https://xxx.xxx.xxx.xxx;
  }

}
   server {
  server_name  .a.example.com;

  listen          80;
  listen          443 ssl; #これは残しておく

  #ssl on; #コメントアウト
  ssl_certificate      /ssl/to/path/a.example.com/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key /ssl/to/path/a.example.com/privkey.pem;

  client_max_body_size 1g;
  proxy_set_header Host $host;
  proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; # クライアントの IP アドレス
  proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; # オリジナルのホスト名。クライアントが Host リクエストヘッダで渡す。
  proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; # プロキシサーバのホスト名
  proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  location / {
    proxy_pass https://xxx.xxx.xxx.xxx;
  }

}
#省略...

これでnginxを再起動したところ、無事80番ポートの平文通信と443ポートのSSL通信両方ともできるようになりました。

Nginxは非常に細かい設定ができるのが人気の理由の一つですが、その分設定の仕方を理解しておかないとハマってしまうことも…

もっと勉強が必要だなぁ、と感じた瞬間でした…

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【PHP】指定した値の範囲でランダムな少数の値を生成する方法

ランダムな整数の生成なら、rand() 関数が用意されていますが、今回は少数値が必要だったので、生成方法をご紹介。
PHPのマニュアルに掲載されていたものですから、少し調べればわかるやり方ではありますが、今後も使うことがあるだろうという事で、備忘録も兼ねています。

 

まずはランダムな整数の生成から。
こちらは簡単で、rand() 関数を使用するだけ。

// rand() 関数
int rand ( int $min , int $max );

// 実行例
$random = rand(1, 10);

引数は省略可ですが、指定した場合は、この範囲内で収まる値で乱数を返してくれます。
上記の実行例だと、1から10の範囲内の乱数が生成されます。

PHPマニュアルはこちらからご確認ください。
http://php.net/manual/ja/function.rand.php

 

お次はランダムな少数値の生成方法。
この場合は、mt_getrandmax()という、mt_rand() 関数が呼ばれた際に返される最大の値を返す関数を利用しています。

なお、mt_rand() はランダムな整数を生成する関数です。
乱数を返す機能としては rand() 関数との違いはなさそうですが、PHPマニュアルによると、rand()よりも4倍以上高速に乱数を生成してくれるのだとか。

ランダムな少数を返す関数は下記の通り。

// ランダムな少数値を返す
function randomFloat($min = 0, $max = 1) {
    return $min + mt_rand() / mt_getrandmax() * ($max - $min);
}

// 実行例
$random = randomFloat(0, 100);

こちらを実行すると、0から100の範囲でランダムな少数値を返してくれます。
ちなみに、こちらの関数も引数は省略可です。

 

と、いう事で、ランダムな少数値の生成方法でした。
なお、0から1の間で乱数を返す関数でしたら、lcg_value() という関数もあるそうでしたが、こちらは乱数の精度があまりよくないとのこと。
また、値の範囲が0から1というのも、少し汎用性が悪い場合がありそうですから、小数値の乱数生成なら上記の関数がおすすめです。

  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

タスク管理には無料の「producteev」がお勧め

世の中には色々な無料のタスク管理ツールが存在しますが、現在利用していて1番お勧めのツールがこちら。
Task Management Software | Producteev by Jive
https://www.producteev.com/

日本語には対応してないですがチーム内でも使えてほとんどの機能が無料、かつスマートフォンのアプリなどでも利用できるので大変便利です。
Facebookアカウントですぐ利用できますので面倒な会員登録は不要です。


こちらがダッシュボード。
現在のタスクの数や内容がすぐ確認でき、ほとんどの作業がこの画面で可能なのも大きいです。


タスクの登録もこの枠で文字を入れてエンターを押すだけ。
私はどちらかというとメモ帳として使い、後でタスクとして確認する使い方を主にしています。


タスクをクリックするとタスクに対してのコメントや日付、ラベル設定なども設定可能です。
チームで共有する場合はラベルなどは必須ですね。

タスクの完了も左側の丸いボタンを押すだけです。
現在は自分自身のタスク管理のみに使用していますが何れはチームのタスク管理用にしていく予定です。
是非お試しください。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

技術者のソフトウェア

佐鳴湖の紅葉

佐鳴湖の紅葉

久しぶりにメールソフトの利用状況を確認してみました。

Thunerbird や Outlook Apple Mail などの定番メールソフトは興味無いので、数少ないメールソフトをピックアップしてみます。

  • Airmail
  • Opera Mail
  • Denshin 8 Go
  • Mozilla/5.0 (X11; Linux x86_64
  • Mew version 6.7 on Emacs
  • Wanderlust/2.15.9 (Almost Unreal) Emacs/25.3 Mule/6.0 (HANACHIRUSATO)

Airmail を調べてみると Apple な OS 上で動くアプリの様です。デザインもかっこよくて、便利そう。G Suite や Gmail Inbox 的な間隔なのだろうか。他には Linux 上で業務をしているスタッフもいるようですね。Mozilla X11 なので Thunderbird を Linux の X-Window 上で使用していることになる。Denshin 8 Go も強者ですなw。

ちなみに Mew と Wanderlust は私。たまに遠隔メンテで  FreeBSD ホストへ SSH ログインし TeraTerm 端末上でメールを書く際に使っています。ホントは Wanderlust がよいのですが、スピード勝負と文字化け対策で Mew も使ってます。

こういった情報を集めて見ていると、アプリが便利になったのかな。それとも技術者も減ったのだろうか心配になったりします。今度はエディタ系なども見てみたい。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

【使わないと3か月でデータが消える!?】SSDの意外な弱点

高橋です。


引用元:Gigazine

最近安価になりつつあることで普及し始めたSSDですが、以前からHDDと比較して様々な弱点があるといわれていました。
その中でも、一時期特に話題になっていたのが書き換え可能回数の問題。
フラッシュメモリが出てきたときにもよく言われていましたが、NAND型メモリには一定の回数書き換えを行ってしまうと、データが記憶できなくなるという特性があります。
メーカーやものによって耐久度は違ってきますが、同じNAND型メモリを使うSSDもまた、例に漏れずこの制限が存在しています。
ただ最近は、この寿命を伸ばす技術が発達してきていて実用上で心配をしなくても大丈夫になってきたようです。

SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? – Gigazine
> 余力を十分残しつつもエラー発生の可能性を検知すると、ストップをかけて最も早く脱落したIntel 335でさえ、毎日10GBのデータ書き換えを行っても7万日つまり約190年もつという計算になるため、SSDの書き換え寿命を心配する必要はほとんどないことは確実です。

これでSSDの弱点は目立つところは”HDDと比べて高い”という部分だけになったと考えていたのですが、先日ある事実を知りました。

先にも書いたように、SSDにはNAND型メモリがよく使われているのですが、この前ふと気になってNAND型メモリについてWikipediaで調べていたら、気になる記述を発見しました。

NAND型フラッシュメモリ – Wikipedia
>浮遊ゲート内の電子は、浮遊ゲートを覆う絶縁体により保持されるため、電源を供給することなくデータを数年間程度保持することができる。

お分かりいただけただろうか…

それってつまり、逆に言ってしまうと、”非通電状態では数年間しかデータを保持できない可能性がある。”
ということではないのか…?

気になったのでさらにいろいろ調べてみました。
すると、下記のような説明をしているサイトを発見。

SSDの基礎知識でパソコン購入をガイド – パソ兄さん
> トンネル酸化膜の絶縁によって電子の放出を防いでいますが、長期間書き換え作業が行われないと自然放電が起き、データ化けの原因になります。

と説明されていました。
SSDは電子を放出させないようにすることでデータを保持していますが、長期間通電を行わないとこの電子が放出されてしまい、データが消失してしまうようです。

どれぐらいの期間放置するとデータが消失してしまうのかは議論が分かれるところですが、最小(最も保管条件が悪かった場合など)で”3か月”しかデータが保持できない可能性もあるという話があります。
『中古SSD 無通電時間が長いとデータが消えますか?』 – 価格.com

僕はSSDにこのような特性があったことを恥ずかしながら今回初めて知ったのですが、僕以外にも”SSDは使っていなければ半永久的にデータが保存できる”と、それとなく思っていた方は少なくないのではないかな、と思います。

OSをインストールして使うような使い方であれば、3か月も電源を入れないということは少ないとは思うのですが、データ保存用となるとあり得ない話ではないな…と思いました。
ただ、データ保管用に…と使わないときはSSDを外して保管している方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

それ故に、
「大事なデータをバックアップしておいたはずが…なんてこった…」
なんてことになる可能性もゼロではないかもしれませんね。

SSDはあくまで”一時保管用”という意識を頭の片隅に置いておいて、大事なデータは光学ディスクなどのより長持ちするメディアに退避しておくのが一番のようです。
どのメディアにも適材適所があり、用途に合わせて使い分けないといけないんだな、と改めて感じました。

今後SSDを購入予定の方はお気を付けください。

 

※この記事は、以前私が書いたものを一部修正したものです。
  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

Internet ExplorerでSVGのサイズが調節できない時の対処法

とりあえず、IEへの不満感がさらに募った一件でした。

タイトル通り、IEで画像が指定したサイズで正しく表示されないという現象が起きたので、その時の対処法についてまとめ。

 

SVGファイルを表示させようと、下記のようにimgタグを記述したのですが、IEで正しく表示されませんでした。

<img src="SVGファイルのパス" style="width: 25px; height:25px;" />

こちらの解決策としては、SVGファイルをそのものを編集してしまう方法が一番手っ取り早かったです。

今回参考にしたサイトはこちら。

IEやEdgeでSVGのサイズが変わってしまう問題の解決法!
https://www.cb21.co.jp/blog/tips/tips-svg-ie-edge.html

 

SVGファイルの編集は、まずSVGファイルを適当なテキストエディタで開きます。
そうすると、下記のようなデータとして表示されます。

<!--?xml version="1.0" encoding="utf-8"?-->
<!-- Generator: Adobe Illustrator 18.1.1, SVG Export Plug-In . SVG Version: 6.00 Build 0)  -->

<svg version="1.1" id="_x32_" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 512 512" style="width: 256px; height: 256px; opacity: 1;" xml:space="preserve">
<style type="text/css">
	.st0{fill:#4B4B4B;}
</style>
<g>
	<path class="st0" d="M378.409,0H208.294h-13.176l-9.314,9.315L57.017,138.101l-9.314,9.315v13.176v265.513
		c0,47.36,38.528,85.896,85.895,85.896h244.811c47.361,0,85.888-38.535,85.888-85.896V85.896C464.297,38.528,425.77,0,378.409,0z
		 M432.493,426.104c0,29.877-24.214,54.091-54.084,54.091H133.598c-29.877,0-54.091-24.214-54.091-54.091V160.592h83.717
		c24.884,0,45.07-20.179,45.07-45.071V31.804h170.114c29.87,0,54.084,24.214,54.084,54.091V426.104z" style="fill: rgb(75, 75, 75);"></path>
	<path class="st0" d="M180.296,296.668l-4.846-0.67c-10.63-1.487-14.265-4.978-14.265-10.104c0-5.78,4.309-9.817,12.383-9.817
		c5.653,0,11.305,1.62,15.745,3.764c1.886,0.942,3.903,1.487,5.789,1.487c4.845,0,8.612-3.63,8.612-8.616
		c0-3.226-1.481-5.921-4.71-7.939c-5.384-3.372-15.476-6.06-25.572-6.06c-19.781,0-32.436,11.171-32.436,27.998
		c0,16.15,10.232,24.898,28.938,27.454l4.846,0.67c10.903,1.48,14.129,4.846,14.129,10.229c0,6.326-5.247,10.766-14.939,10.766
		c-6.727,0-12.111-1.745-19.645-5.921c-1.616-0.942-3.634-1.62-5.788-1.62c-5.115,0-8.885,3.91-8.885,8.756
		c0,3.226,1.616,6.326,4.713,8.344c6.054,3.764,15.878,7.8,28.798,7.8c23.823,0,35.934-12.24,35.934-28.795
		C209.097,307.84,199.273,299.356,180.296,296.668z" style="fill: rgb(75, 75, 75);"></path>
	<path class="st0" d="M281.108,259.382c-4.577,0-7.939,2.43-9.556,7.674l-16.69,54.51h-0.402l-17.634-54.51
		c-1.745-5.244-4.978-7.674-9.551-7.674c-5.653,0-9.692,4.176-9.692,9.287c0,1.347,0.269,2.834,0.67,4.175l23.286,68.104
		c2.96,8.477,6.727,11.57,12.652,11.57c5.785,0,9.555-3.093,12.516-11.57l23.282-68.104c0.406-1.341,0.674-2.828,0.674-4.175
		C290.664,263.558,286.76,259.382,281.108,259.382z" style="fill: rgb(75, 75, 75);"></path>
	<path class="st0" d="M364.556,300.836h-18.841c-5.114,0-8.344,3.1-8.344,7.806c0,4.713,3.23,7.814,8.344,7.814h6.193
		c0.538,0,0.803,0.258,0.803,0.803c0,3.505-0.265,6.598-1.075,9.014c-1.882,5.796-7.67,9.426-14.669,9.426
		c-7.943,0-12.921-3.903-14.939-10.096c-1.075-3.365-1.48-7.8-1.48-19.648c0-11.842,0.405-16.15,1.48-19.516
		c2.018-6.325,6.867-10.228,14.67-10.228c5.924,0,10.362,1.885,13.859,6.724c2.695,3.777,5.387,4.852,8.749,4.852
		c4.981,0,9.021-3.638,9.021-8.888c0-2.151-0.674-4.035-1.752-5.921c-4.842-8.204-15.071-14.264-29.877-14.264
		c-16.287,0-28.935,7.408-33.644,22.204c-2.022,6.466-2.559,11.576-2.559,25.038c0,13.454,0.538,18.573,2.559,25.031
		c4.709,14.802,17.357,22.204,33.644,22.204c16.286,0,28.668-8.204,33.374-22.881c1.617-5.111,2.29-12.645,2.29-20.716v-0.95
		C372.362,303.664,369.538,300.836,364.556,300.836z" style="fill: rgb(75, 75, 75);"></path>
</g>
</svg>

 

ここで注目するのは、3行目のsvgタグです。

<svg version="1.1" id="_x32_" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 512 512" style="width: 256px; height: 256px; opacity: 1;" xml:space="preserve">

 

このタグに、width(横幅)height(縦幅)が指定されているので、こちらを任意のサイズに変更します。
今回は、縦横共に25pxにしたいので、下記のように修正しました。

<svg version="1.1" id="_x32_" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 512 512" style="width: 25px; height: 25px; opacity: 1;" xml:space="preserve">

あとは、この修正後のSVGファイルをimgタグで指定するだけで、先程指定した 25px × 25pxのサイズで無事に画像が表示されました。

 

もっとスタイリッシュな対処法があるのかもしれませんが…今回はこのような方法で対応しました。
アイコンのサイズが確定している場合には有効な方法ですね。
SVGファイルでお困りの際は、是非お試しください。

  • この記事いいね! (0)
著者:ym

NUROが静岡県へ

佐鳴湖の紅葉

佐鳴湖の紅葉

とうとう、あの NURO光 が静岡県やってくるとのこと。

フレッツ光ネクスト隼回線は 1 Gbps のベストエフォートサービスですが、この NURO光 は 2Gpbs 。1Gbps 回線で 200Mbps 程度は出るので、おそらく 400 Mbps 程度は出るでしょう。実際に検索をしてみると 400 Mbps ~ 800 Mbps 程度までの計測値が出ている様です。ひかり電話宅な私には、いまのところ縁はないですが。高解像度の動画4K、8Kの映像が見られる様になる。ということは、遠くにあるデータを手元に、あっと言う間に運べる。逆もしかり。どれもこれも所有から利用へ、ますますお金のかかる時代です。

  • この記事いいね! (0)
takahashi 著者:takahashi

【遂に動き出した5G通信】政府が5Gの新規参入を促進

高橋です。

Twitterモーメントで携帯回線の新通信規格 “5G” が取り上げられていました。


5G(5th Generation=第5世代移動通信システム)とは、4Gに続く現在規格化が進行中の次世代無線通信システムのこと。

第5世代移動通信システム – Wikipedia

4Gのアップグレード版になるので、当然4Gよりも性能が高くなるのですが、その上がり幅が凄い。
なんと理論値10Gbps以上の通信が行えるようになるとのこと。
現在の固定回線のFTTH(光ファイバー)も、大体理論値が1Gbpsぐらいなので、5Gが実稼働すればそれを大きく上回ることになります。
一方で、多接続可能かつ低遅延化と、IoT機器を意識した仕様も取り入れる予定だそうです。

そんな5Gですが、いままでMNO大手3社による寡占状態から脱却するために、政府が5Gに使われる電波帯域の割当制度を見直し、大手3社以外の新規参入を促進しようとしているとのこと。

次世代移動通信「5G」って何? 2020年の暮らしはどう変わる? – 価格.comマガジン

いままでも新しい通信業者を増やして価格競争を生むために、SIMロック解除義務化やMVNOの参入など、いろいろ措置は取られていましたが、携帯回線は飽くまでMNOの通信網をまた貸ししてもらう方法しかなく、根本的な解決になっていませんでした。

一方、今回は基地局が使う電波の割り当てを、現在のMNO以外にも行うかもしれないとのことで、これが実現すればもっと激しい価格競争が生まれて高い通信量が値下げされる可能性も出てきそうです。

5Gは2020年の実用化を目指しているということで、オリンピックが始まる頃には、大容量の通信網でいろいろなことができるようになっているかもしれませんね!

  • この記事いいね! (0)
村上 著者:村上

【IoT】資生堂がその人の肌に合った美容液を提供するシステム「Optune(オプチューン)」を発表

気になるニュースがあったのでご紹介。

資生堂が開発したというシステムで、名前は「Optune(オプチューン)」と言います。
こちらの「Optune(オプチューン)」は、なんとその人の肌質やその時の気候、さらにはその時の気分にマッチした美容液を提供するしてくれるIoTマシンなのだとか。

利用方法としては、スマートフォンアプリで肌を撮影すると、その日の気候やユーザの気分・コンディションなどのデータともにクラウドで解析し、専用のマシン「Optune Zero(ベータ版の名称)」で最適な美容液や乳液を配合し、抽出してくれるのだそうです。
マシンには、ユーザーの肌に合わせて選ばれた3種類の美容液2種類の乳液を、5本のカートリッジでセットし、1000パターン以上の組み合わせから解析結果に基づいた最適な配合パターンの美容液が提供されるとのこと。
β版の発売が2018年春に予定されており、販売数や価格は現時点では未定です。

 

詳細についてはこちらのニュースサイトの記事もご覧ください。

資生堂「IoT化粧品」来春提供 その日の肌をチェック、配合をチェンジ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/27/news127.html

資生堂、その時々の肌環境にマッチするIoTスキンケアシステム「Optune」発表
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1093527.html

 

資生堂のブランドマネージャー曰く「肌の状態は日々揺れ動いているため、最適だと思って買っていたものがいつの間にか最適ではなくなっている」とのこと。
そしてOptuneには、こうした肌の状態に最適化し(Optimize)、Tune(調律)するという意味が込められているとのことです。

 

こちらのシステムのターゲットは、肌や体質の変化を感じる3~40代女性とのことですが、現在20代の私も興味津々です。
お値段が張りそうですから、購入までには至らない可能性の方が高いですが、店頭などにお試しがあったら是非体験してみたいですね。

  • この記事いいね! (0)
著者:aoki

楽天やAppleなどを装ったフィッシングメールにご注意を

スパムメール、フィッシングメールは昔から多く存在しますが、ここ最近は手が込んでおり正規のサイトから送られたメールのように装ってフィッシングサイトに誘導するメールが非常に増えてきています。
メールを頻繁に見ている方、IT関連のお仕事をされている方は見分けられると思いますが、そうではない方は間違えてアクセスしてしまう可能性が非常に高いのではないかと思います。

本日「楽天」を装って一瞬本物?と思ってしまったメールを紹介します。

尊敬するお客様へ

いつ楽天銀行をご利用いただき誠にありがとうございます。

楽天銀行では平成11月29日(水)より当行のホームページや「道銀ダイレクトサービス」をより安心してご利用いただけるよう、不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」の提供を開始しました。

無料でご利用いただけるサービスですので、是非インストールしてご利用くださいますようお願い申し上げます。

なお、既に他社サイト等で「PhishWallプレミアム」をインストールされている場合は、あらためてインストールする必要はございません。

もっと詳しくの情報はこちら

◆本メールのアドレスは送信専用となっております。

返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。

実際に私は楽天銀行を使っていますし「PhishWallプレミアム」というサービスも世の中にあることを知っていたので一瞬本物かと思いましたが「道銀ダイレクトサービス」と書かれている時点でフィッシングメールであると気づきました。私静岡県民ですので・・・

さて、怪しいメールが届いたときに注意してみる箇所は2つあります。

1.メール差出人を確認する


今回来たメールは差出人が 楽天銀行 となっていますので本物っぽく見えますがたまに全く関係ないドメインが差出人になっている場合があります。
その場合は何も考えずメールを削除しましょう。

2.リンクのURLを確認する


差出人で判別ができなかった場合はメール内のリンクがどうなっているか確認します。
今回のメールは楽天からなのでリンク先は rakuten.co.jp になるはずですが全く別のドメインになっておりこちらがフィッシングサイトのURLになっていました。

楽天やAppleからのメールはついつい開いてしまいがちですが必ず差出人のメールアドレスとリンク先のURLを確認するようにすることをお勧めいたします。

  • この記事いいね! (0)