静岡大学・浜松キャンパスにGNSS基準局受信機

著者:aoki

静岡大学・浜松キャンパスにGNSS基準局受信機

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

共同で研究開発をしております静岡大学浜松キャンパスの屋上にRTK(Realtime Kinematic、リアルタイムキネマティック)による高精度測位の実証実験を行うためのGNSS基準局受信機の設置しています。

GNSS基準局受信機はTrimbleの「NetR9」を利用し、静岡大学浜松キャンパスから半径10キロメートルカバーし実証実験を進めております。
receivers

Trimble NetR9 GNSS Reference Receiver

 

RTK(Realtime Kinematic)とは

GNSS基準局受信機を固定化して、もう一方の受信機で移動しながら各観測位置をリアルタイムに測位していくこと。

 

静岡大学 大学院総合科学技術研究科 情報学専攻 木谷研究室

  • この記事いいね! (0)

著者について

aoki author

1件のコメント

【イベントレポ】「第22回 テクノフェスタ in 浜松」に参加しました – 株式会社シーポイントラボ | 浜松のシステム開発会社投稿日:6:24 pm - 11月 22, 2017

[…] 「RTK宝探し・リターンズ」という実験が行われており、プレイヤーは司令部と探検部に分かれて構内に隠された宝箱を探すというものでした。 RTK(Realtime Kinematic、リアルタイムキネマティック)とは、「GNSS基準局受信機を固定化して、もう一方の受信機で移動しながら各観測位置をリアルタイムに測位していくこと」です。 詳細については、こちらの「静岡大学・浜松キャンパスにGNSS基準局受信機」をご覧ください。 […]

コメントは停止中です。